血糖値と共に重要なもの

血液

薬以外のアイテム

甘いものを大量に毎日食べたり、バランスの悪い食事ばかりを続けていると、糖尿病を引き起こす可能性が高まります。健康診断での血液検査で、血糖値やヘモグロビンa1cが基準値より高い数値が出た場合は、注意が必要です。血糖値という言葉は広く知られていますが、ヘモグロビンa1cはあまり知られていないことが多いです。ヘモグロビンa1cとは、血液中のヘモグロビンとブドウ糖が結合された状態のものを言います。病気にならないために、この数値を下げる必要があります。糖尿病予備軍の人が活用しているものに、トクホの商品やサプリメントがあります。これらは、薬のように即効性があるものではないものの、摂取し続けることで体質改善が期待できます。

食事の工夫

トクホのお茶などの商品やサプリメントは、出来れば食事の前後に摂取するのが望ましいです。食事によって血糖値やヘモグロビンa1cが急激に上昇するのを抑えてくれる働きがあります。穏やかに上昇させることによって、体が糖を処理するための負担を今までよりも軽減させることができます。実際に、トクホのお茶やサプリメントを使用したことで、ヘモグロビンa1cが下がったという人もいます。ただし、トクホの商品などを毎日摂取しているからといって、何でも食べて良いということにはなりません。もし健康診断で、医師などから食事指導が入ったら、これまでの食生活を見直すことが大切です。白米にも糖分は多く含まれるので、玄米にするなどの工夫をしても良いでしょう。