肝臓の働きを助ける栄養素

メンズ

遊離アミノ酸の一種

アミノ酸は体内で互いに結合してたんぱく質となり、私たちの体を作ったり酵素となって健康の維持に役立っています。このアミノ酸には、結合せず単体のまま存在する「遊離アミノ酸」もあります。遊離アミノ酸はアミノ酸のまま体中を巡り様々な役割を果たしています。遊離アミノ酸の一つに「オルニチン」があります。オルニチンはシジミに多く含まれている成分で、主に肝臓でアンモニアを解毒する役割を果たしています。アンモニアは疲労の原因物質とされ、過剰に蓄積すると脳など体の様々な部位に悪影響が及びます。そのため、肝臓のオルニチンサイクルという代謝経路でアンモニアが無毒な尿素に変えられます。オルニチンを十分に摂取してオルニチンサイクルを活発にすれば、アンモニアが効率よく除去され体に様々なプラスの効果を及ぼします。

効果と摂取の仕方

オルニチンの摂取によって期待できる代表的な効果は疲労の改善です。体のだるさがなくなったり朝の目覚めが良くなるほか、スポーツでのパフォーマンス低下を抑制することも期待できます。また、オルニチンは肝臓の働きを助ける機能を持っているため、アルコールの摂取によって起こる疲労を抑え、肝臓の健康を維持してくれます。オルニチンを多く含んでいる食品は前述したようにシジミが代表的です。特に、冷凍すると生のシジミよりもオルニチンが大幅に増加するため、冷凍してから調理するのがおすすめです。シジミの他にはエノキタケやチーズなどに比較的多く含まれています。しかし、他の食品の含有量は少なく食事だけで十分に摂取するのは難しいため、サプリメントを利用するのもおすすめです。